繁殖とヒナからの育成について

 
 
 
こちらではインコの繁殖やヒナの育成のポイントなどを解説している記事を一覧できます。

ご覧になりたい記事のリンクを選んでいただければその記事を読むことができます。
 
 
 

インコの繁殖(巣引き)の一連の流れ

インコを繁殖させたいと思われる方も少なくないと思います。

繁殖させる前の心構えから、繁殖させる一連の流れを解説しています。

具体的な方法も説明しているので繁殖を検討されている方はぜひご覧ください。
 
★リンク先の設定完了までしばらくお待ちください★
(巣引きのプロセス)
 
 
 

親鳥なしでヒナを育てるポイント

本当なら親鳥がヒナをある程度の時期まで育て、ヒナに社会性が身に付きます。

しかし親鳥なしでヒナを育てる場合は私たちが全てのお世話を担う必要があります。

育てることはできても 「社会性」 を育てることも大切です。

親鳥がいないからこそできることもあるので、親鳥なしでヒナを育てたいという方は参考にしてください。
 
★リンク先の設定完了までしばらくお待ちください★
(親鳥のいないヒナを育てる)
 
 

さし餌の作り方と与え方

ヒナを育てるためのお世話のポイントのひとつになるのが さし餌 です。

本来は親鳥がいったん飲み込んだものを吐き戻しして柔らかくなったものを与えますが、私たちは吐き戻しができないので、さし餌用の人工飼料を利用して行います。

挿し餌の作り方と与え方のポイントをまとめました。
 
★リンク先の設定完了までしばらくお待ちください★
(挿し餌の与え方)
 
 

挿し餌からひとり餌への切りかえのポイント

いつまでも挿し餌を続けるわけにもいきません。

挿し餌ヒナ~幼鳥期に入る、生後30~50日頃からは自分で餌を食べれる(ひとり餌)への切りかえも大切です。

これまで挿し餌を受けていたヒナが、急にひとり餌に切りかわるとも限りません。

挿し餌からひとり餌へのきりかえのタイミングやポイントを解説しています。
 
★リンク先の設定完了までしばらくお待ちください★
(さし餌からひとり餌へ)
 
 

  • この記事を書いた人

meganuma

投稿日:

Copyright© インコ・オウムとのハッピーライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.