インコやオウムの健康管理と病気・緊急時の対処法

 
 
 
インコの健康管理の中でも、とくにみてほしいポイントがあります。

そして異常・病気に気づくのにも普段から関わり・観察をしていなければ気づけないこともあります。

普段の様子を知ってるからこそ異常時の変化に気づくものです。

ここでは健康管理と病気に関連する記事を集めています。





 

インコの健康管理のチェック項目

インコは体調が悪くてもそれがばれないようにしようとする習性があります。

そのため普段の様子に比べて「なんかおかしい…」と思ったら動物病院の受診をお勧めします。

インコやオウムの健康管理のチェック項目を紹介します。
 


 
 

動物病院の選び方と受診時のポイント

ペットといっても種類が多く、全ての動物を詳しく診れる獣医師はなかなかいません。

人間でも内科医師なら手術のことは詳しくないですし、整形外科専門の医師なら耳鼻科は苦手だったりなどがあるように、獣医師だって得意不得意があって当然なのです。

動物病院の選び方と受診するときに意識してほしいポイントをまとめました。
 


 
 

インコの病気の症状・治療・対策

病気といってもその種類は数え切れないほど多く、全てを把握・紹介することは、私にはとてもできません。

このサイトでは気をつけたい病気・起こるやすい病気などにしぼり、その症状・治療、対処法などを紹介します。

ただし、病気の検討がついたらそれで安心ではありません。

もしかしたら別の病気かもしれませんし、自然治癒させようとしていると病気が進行してさらに弱ったり、別の病気を併発してしまうこともあります。

飼い主として大切なのは「何の病気かを見抜く」ことではなく、「異常に早く気づいて病院を受診し、早く治してあげること」です。

そこを勘違いしないように注意しましょう。
 


 
 

もしもの事故の対応策

インコが病気をすることがありますが、緊急を要するような事故・状況となってしまうこともあります。

骨折や大量の出血など命に関わってくるような状況ではとくに冷静な判断が必要になります。

いざという時に冷静に対処できるよう、あらかじめ緊急時の対応を把握しておきましょう。
 


 
 






 
 

飼い主の不注意で逃がした時の対応

どれだけ気を付けていてもちょっとした気のゆるみや思いがけないことで、インコを逃がしてしまうケースもあります。

インコが逃げたときは「逃げた直後の対応」と「逃げた後の対応」ではやるべきことが違うこともあります。

やるべきことの優先順位を適切に判断できるよう、インコが逃げる前に一度読んでほしい内容です。
 


 
 

  • この記事を書いた人

meganuma

更新日:

Copyright© インコ・オウムとのハッピーライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.