その他

水蒸気が出る仕組みが気になる!スムースビップで蒸気が出る構造

更新日:

 
この記事では主に次のことを詳しく解説しています。

  • スムースビップから水蒸気が出る仕組み
  • 構造を理解すれば「苦い」トラブルを回避できる

 
 

  電子VAPE【SMOOTHV!Pスターターキット】  

スムースビップで蒸気を出すのに関与するもの

スムースビップで蒸気を出すのに直接関与しているのはつぎの部品です。

加熱コイルとアトマイザーが蒸気を出すのに直接的に関与しています。

このなかでも、とくにアトマイザーの傾け方がひとつの注意点です。
 
 

加熱コイルの繊維部分がとくに重要

アトマイザーに接続させる加熱コイルに繊維があるのに気づいていますか?

加熱コイルの内部を通るように繊維のようなものが管を貫通しています。リキッドはこの繊維に浸み込むようにして加熱コイルの内部に入り込みます。そして内部で加熱されることにより水蒸気に変わって私たちが吸引することになる仕組みです。

この繊維にリキッドが浸み込んで、加熱コイルの内部に入り込む仕組みになっています。
 
 

スムースビップで水蒸気が出る仕組み

スムースビップの電源ボタンを押すことで、加熱コイルの繊維に浸み込んだリキッドが急激に加熱されて蒸発し、水蒸気となる仕組みになっています。

つまりどういうことかというと、繊維にリキッドが触れていなければ加熱コイル内にリキッドは入り込まないのです。
 
 

リキッドが加熱コイルに入り込まなかったら…

スムースビップの先端を上に向けることで、アトマイザー内のリキッドは吸い口側に溜まッた状態になります。

上に向け続けることで加熱コイルの繊維にリキッドが浸み込まない状態が続きます。

その状態のまま加熱と吸引を続けてしまうと、繊維内のリキッドがなくなってしまい、繊維そのものを燃やすような感じになってしまいます。

熱して加熱された繊維からは苦みのようなものが発生し、それを吸引してしまうと苦い思いをすることになります。

それが私の事例です。
 
 

スムースビップで苦い思いをしないために

スムースビップの吸引で苦い思いをしないために気を付けるのは次の2つです。

  • アトマイザーが空にならないようにする
  • 加熱コイルの繊維にリキッドを浸み込ませることを意識する

これさえ守っていれば、とりあえず繊維が燃えるようなことにならずに済みます。

こういった構造や仕組みを考えたり理解することで、不意なトラブルを避けることができます。

その他、スムースビップを実際に利用して起こったトラブルをまとめています。
もちろんその対策も解説しているので、同じ失敗をしないように一度ご覧ください。

★リンク先の設定完了までしばらくお待ちください★

 
 
 



 

コラム:スムースビップで同じ失敗をしないでほしい

この記事を書くに至った経緯をちょっと紹介したいと思います。

良くないことですけど、タバコなら「寝たばこ」といってちょっと横になりながら吸うこともありますよね。
または、タバコの先を上に向けて把持し、吸うときも少し上を向けて吸うこともあると思います。

私もスムースビップを使い慣れてきて気が抜けたのか、本体の先を上げたまま持って吸うときもあげたままの状態が続いていました。

そこで起こったトラブルが今回の事例でした。

「繊維からリキッドが浸み込んで加熱されて蒸気になる…」これさえしっかり把握・意識しておけば今回のようなことにはならなかったんだろうなと反省しました(;^ω^)

説明書などにもこんなことは書かれていないので、ぜひ皆さんも注意してもらいたいと思います。

使う前にしっかりと浸み込ませるだけではなく、使用中も浸み込ませることを意識しましょう!
 

 
 

 

-その他

Copyright© スムースビップの禁煙効果と口コミ。禁煙の補助にもなりえるSmooth B!P , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.