インコとは

コザクラインコの飼い方やしつけ。種類と色、寿命や鳴き声を紹介

更新日:

 
 
 

愛称はラブバード。コザクラインコの生態

コザクラインコはラブバードという愛称があり、親しまれています。

そんなコザクラインコの生態をまずは紹介します。
 





 

コザクラインコの形態について

コザクラインコの形態は次のようなものがあります。
 

コザクラインコは緑色の体に額から前胸部にかけては赤い色をしています。

野生のコザクラインコ


 

  • 体長約15㎝くらいまで成長
  • 体重は40g~60g
  • 緑色の体色で額から前胸は赤色。
  • 尾羽は赤・黄・黒などで構成される円形の模様
  • (種類によって異なる)

  • 品種改良により色変わりが多く色合いは多種多様
  • 巣の材料を羽と羽の間に挿して運ぶ習性をもつ

 
このなかでもとくに巣の材料を羽の間に挿して運ぶのはコザクラインコの特徴です。
 
 

コザクラインコの特徴はパートナーを大切にする

コザクラインコは他のインコには珍しい特徴もあります。
 

  • 巣穴を作って生活するため止り木で寝ない
  • 地面を歩いたりもぐったりすることが多い
  • 賢く、おもちゃをおいておくとよく遊ぶ
  • とても活発で自分より大きな相手を威嚇することも
  • パートナーには異常なほどべったりしている
  • 飼い主をパートナーと決めると、他を触っていると嫉妬することも

 
このなかでも巣穴で生活するため止り木で寝ないこととパートナーへの愛情が深いことが特徴といえます。
 

複数のコザクラインコが巣穴で過ごしている様子の画像

巣穴で過ごすコザクラインコ


 
ラブバードの由来もパートナーへの愛情表現が元となっています。
 
 

野生のコザクラインコはアフリカ南西部に生息

野生のコザクラインコはアフリカ南西部のナミビア共和国の半乾燥地帯に生息しています。

品種改良されてペットとなるコザクラインコも乾燥を好むので、飼育環境には留意しましょう。

アンゴラ共和国というところには亜種のアカコザクラインコが生息しています。
 





 

コザクラインコの性別判断について

コザクラインコの繁殖・巣引きを行うなら性別判断が重要になります。

性別判断の基準となるものはありますが、その判断は難しいようです。
 

  • オスの頭頂部は丸くメスなら扁平
  • (個体差がありメスでもまるっこいことも)

  • 下クチバシの横幅がメスのほうがやや幅広い
  • (個体差が大きく判断が難しい)

  • 巣の材料を羽と羽の間に挿して運ぶのがメス
  • (オスも同じことをすることが珍しくないらしい)

  • 飼い主がパートナーなら手乗りでお尻をこすりつけるならオス
  • (メスも同じことをすることも。オスのほうが頻度が高いらしい)

  • 手のひらを背中にかざしたときに羽を広げる交尾姿勢をとるのがメス
  • (オスでも羽を広げる個体もいるようである)

 
このようにいろんな基準がありますが、どれもそれひとつだけでは確実な性別判断は難しいようです。

いくつかの要素で判断したほうが間違いありません。
 
 

おしりをこすりつける行動

性別判断でお尻をこすりつけるような行動をとるのがオスといいましたが、実際の行動の動画があったので参考にしてみてください。
 


 
 

羽を広げて交尾姿勢をとる

羽を広げて交尾姿勢をとるといってもどんなものかを動画で紹介します。

すごくわかりやすいので見たことが無い方はぜひご覧ください。

この動画では羽の隙間に巣材となるものを挟み込んでる様子もわかります。
 


 
この動画だけ見れば

  • 羽を広げて交尾姿勢をとっている
  • 巣材を挟み込んでいる
  • 頭頂部が扁平っぽい

このようなものが解ると思います。

つまりこれらはメスに多い特徴なので、メスではないかと予測できます。
 
 

コザクラインコのかわいい鳴き声

コザクラインコも人の言葉をかわいい声で真似ることができます。

また普通の鳴き声もかわいいものです。

まだあまり言葉は覚えきれてないようですが、コザクラインコの鳴き声の参考として動画をひとつ添付しておきたいと思います。
 


 
動画をみればわかるかもしれませんが、コザクラインコは人の声真似が得意ではありません。

飼い主だからこそなんて真似てるのかわかるようなものかもしれません。

動画でも聞きづらいながらもなんとなくしゃべってるのが解りますね。

声はかわいいのですが、甲高い声のため集合住宅では周囲への拝領が必要です。

複数のインコ類を飼育する場合は人間ではなく一緒に過ごす仲間の声真似をすることもあります。
 
 

コザクラインコの寿命は15年程度

寿命も個体差や飼育環境に大きく左右されます。
 

  • この記事を書いた人

meganuma

-インコとは

Copyright© インコ・オウムとのハッピーライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.