使い方・基本情報

VAPE(電子タバコ)って知ってる?タバコや加熱式タバコとの違い

更新日:

この記事では主に次のことを解説しています。

  • タバコの特徴
  • 加熱式たばこの特徴
  • VAPEの特徴
  • VAPEとタバコ・加熱式タバコの違い

 
 

  電子VAPE【SMOOTHV!Pスターターキット】  

タバコとはどんなもの?

タバコとは昔ながらのもので、タバコの葉を加工して紙で巻き、吸い口にフィルターをつけているものです。

ライターなどで火をつける必要があり、タバコの葉を燃やしながらニコチンをフィルターを通して吸引します。

タバコには「ニコチン」と「タール」というイメージがある人も多いと思いますが、タールとはタバコの葉が燃えるときに発生するものです。

室内で喫煙を続けていると壁紙に色素沈着したり、肺が黒くなるのもこれらが原因となっています。

タバコの銘柄は非常に多く、一例を挙げれば次のようなものがあります。

  • セブンスター
  • ラーク
  • マルボロ
  • わかば

どれも燃やしながら使用するので、当然ながら使い切り・吸い切りです。
 
 

加熱式たばことはどんなもの?

加熱式タバはまだ発売されてからの歴史は比較的浅く、商品としては次のようなものがあります。

  • IQOS(アイコス)
  • glo(グロー)
  • Ploom TECH(プルーム・テック)

それぞれに特徴がありますが、仕組みに関してはどれも同じです。

加熱式タバコとは充電器から充電を必要とする電子機器で、タバコの葉を加工してスティック状になったものを本体にセットし、加熱することで出てくる蒸気を吸引するものです。

ニコチンは含まれていますが燃やすことはないのでタールは発生しない特徴があります。
 
 

VAPE(電子タバコ)とはどんなもの?

VAPEはUSBなどの電源から充電を必要とする電子機器で、リキッドと呼ばれる液体を本体に注入し、それを加熱して蒸気を吸引してリラックス効果や満足感を得るものです。

このサイトではVAPEのなかでも「スムースビップ」を紹介しています。
 



 
最新のスムースビップは8種類あるリキッドから好きなものを選んで吸引するため使い切り・吸い切りではありませんが、以前は使い切りのものもあったようです。

国内ではVAPEのリキッドにニコチンを含むことは許可されていないため、国内でニコチンリキッドを入手することはできません。

世界的に見ればニコチンフリーではありませんが、国内においてはニコチンが含まれていないこととタールが含まれていないことが最大の特徴となります。
 
 

VAPEとタバコ・加熱式タバコの違い一覧

こうやって見比べてみるとすでに理解してもらえたと思いますが、念のため違いを一覧表にしてみました。

ニコチン タール その他
タバコ あり あり 火を使う
加熱式タバコ あり なし 電子機器
VAPE なし なし 電子機器

結論として違いをまとめると

  • タバコは火が必要でニコチンとタールが発生する
  • 加熱式タバコは電子機器でニコチンだけ発生する
  • VAPEは電子機器でニコチンもタールも発生しない

このようになります。
 
 

 



 

コラム:時代とともにタバコも変化か…

私がタバコを吸い始めたころは、まだUSBという言葉さえも普及しておらず、もちろん加熱式タバコもVAPEも存在していませんでした。

はじめてタバコを吸った時に思いっきり咽たのを思い出します(笑)

あの頃はまだまだタバコを吸うということがカッコイイイメージがありましたが、現在ではかなり変化してきていまね。

禁煙歴も15年になりましたが、気づけば電子タバコが普及し始めて、今ではVAPEというものまで出てきました。

日本で開催されるオリンピックの影響もあり、禁煙・分煙が積極的に取り組まれ始めました。

タバコも時代とともに変化してくるんだな~って思いふけってしまったりします(;^ω^)

今では喫煙者の肩身が狭くなり、あからさまに迷惑がられるような状況になってきたと感じています。

というか、実際迷惑です(笑)

これを機会にタバコを吸う人はより害の少ない加熱式タバコに。

そして加熱式タバコを利用している人は、全く害のないといわれているVAPEに切り替えることを考えてみてはどうでしょうか。
 

 
 

 

-使い方・基本情報

Copyright© スムースビップの禁煙効果と口コミ。禁煙の補助にもなりえるSmooth B!P , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.