使い方・基本情報

スムースビップの部品交換は必要?交換時期と取り換えないデメリット

更新日:

 
この記事では主に次のことを詳しく解説しています。

  • バッテリーの交換時期は1日持たなくなった頃
  • アトマイザーの交換時期は1ヶ月かリキッド無くなるタイミング
  • 加熱(金属)コイルの交換時期はアトマイザーと同じ
  • 吸い口の交換時期もアトマイザーと同じ

 
 

  電子VAPE【SMOOTHV!Pスターターキット】  

バッテリーの交換時期と交換しないデメリット

まずは本体ともいえるバッテリーの交換時期と、交換しないことでどんなデメリットがあるのかを紹介します。
 
 

バッテリーの交換時期は明記なし

バッテリーに関しては他の部品と違い、明らかな交換時期というのは公式サイトでは詳細がありません。

公式サイトの定期便であれば、6回の配達ごとにバッテリーが無料でついてくるようになっています。

明確な交換時期はありませんが、定期購入でバッテリーがプレゼントされた時期を交換時期とすると良いのではないでしょうか。
 
 

バッテリーを交換しないデメリット

バッテリーの明らかな交換時期はありませんが、同じバッテリーを使用し続けることで充電容量が減少し、長持ちしなくなります。

電子機器である以上はバッテリーが不可欠。バッテリーを交換しないことで使用時間が減少してしまうのはデメリットですね。

使用頻度によると思いますが、充電残量が1日もたないようであれば不便なので交換をしましょう。
 
 

アトマイザーの交換時期と交換しないデメリット

アトマイザーの交換時期については公式サイトなどできちんと明記してあります。

また、交換しないことでどのようなデメリットがあるのでしょうか。
 
 

アトマイザーの交換時期は1か月に1回

アトマイザーの交換時期は下記のようにいろいろといわれています。

  • 2週間ごとに交換
  • 3週間で交換
  • 1か月毎に交換
  • リキッドが無くなるごとに交換

所説あるので覚えやすいものだったり、きりが良いもので覚えるのをおすすめします。

私がおすすめするのは定期購入を1か月毎にして、お届け毎にアトマイザーを交換するやり方です。

リキッドもその都度送られてきますし、アトマイザーも一緒に交換することができます。
 
 

アトマイザーを交換しないデメリット

アトマイザーを交換しない場合は部品に関連したデメリットが発生します。

まずアトマイザー本体はプラスチックと金属管だけの構造なので、交換しなかったからといってすぐに不具合が起こるものでもありません。

しかし、したの画像のように液漏れしないようにパッキンがあります。

長時間の使用によりパッキンが傷んで液漏れするトラブルが起こりやすくなります。

公式サイトではリキッドが無くなるタイミングでの交換を推奨しているので、それ以上使用し続けると液漏れのリスクが高くなる可能性があります。
 
 
 



 

加熱(金属)コイルの交換時期と交換しないデメリット

加熱(金属)コイルの交換時期と交換しないデメリットも紹介します。
 
 

加熱コイルの交換時期は明記無し

加熱コイルはバッテリーを消費しながらリキッドを蒸発させるためのとくに精密な部品です。

加熱コイルの寿命や交換時期について公式サイトでは明記がありません。

加熱コイルは単品で販売されていないので、「アトマイザーの付属品」としてアトマイザーと一緒に購入することになります。

アトマイザーの交換時期については前述したとおりですので、自身の好みのアトマイザーの交換時期に合わせて交換するようにしましょう。
 
 

加熱コイルを交換しないリスク

前述しましたが加熱コイルはスムースビップ本体のなかでもとくに重要な部品です。

加熱コイルを交換しない事で次のようなことが起こるリスクがあります。

  • リキッドを充分に蒸発できない
  • シリコンゴムが傷んで液漏れする

加熱コイル内部にリキッドが染み込むように、画像のように繊維が通っています。
 

この繊維を加熱することでリキッドが蒸発して吸引することができます。

繊維は何度も加熱されるため使用し続けると必ず劣化し、吸引時に味の変化が起こる可能性があります。

また、加熱コイルにも画像のようなパッキンがあります。

これはアトマイザーの金属管にリキッドが入り込まないようにするためのものですが、長期使用による劣化により管内に液がもれて吸い口からリキッドが直接口に入り込むリスクもあります。
 
 

吸い口の交換時期と交換しないデメリット

つづいて吸い口(マウスピース)部分の交換時期と交換しないデメリットです。
 
 

吸い口の交換時期はアトマイザーの交換時期

吸い口も金属コイル同様に単品での販売がなく、アトマイザーに付属する部品です。

そのためアトマイザーを購入すれば吸い口もついてきます。

吸い口そのものの交換時期は明記ありませんが、普通に考えるとアトマイザー交換時期に合わせて交換することになります。
 
 

吸い口を交換しないデメリット

吸い口は直接口に含む部分ですが、その都度洗浄するわけではないのでどうしても不衛生になりがちです。

お手入れも交換もしない状況では多くの雑菌が繁殖し、口に含んだ際に体調に影響を及ぼす可能性も否定できません。

あまりに長期使用し過ぎると吸い口に色が沈着して見た目にも不衛生になる可能性もあります。

交換しない事でこのようなデメリットもあるため、アトマイザー・吸い口の交換は適宜行いましょう。
 
 

 



 

コラム:交換費用が無料はうれしい

スムースビップを始めたばかりの時は定期的なアトマイザーの交換の出費が気になっていましたが、初回の定期購入が来た時にアトマイザーなどもセットで送られてくるのをあらためて思い出しました。

リキッドが2本にアトマイザーがついてくるのってかなりお得感があります(^^♪

わざわざ自分で交換部品を買うとなると買い惜しみしてしまいそうですが、リキッドと一緒に届くのでなんとも便利です。

実際にリキッド漏れとかおこるとかなり不便だと思います。

トラブルが起こる前に、トラブル予防で新しいものに交換する習慣をつけたいですね。

そういえばちょっと思い出しました。
汚れないように掃除をするのか。それとも汚れたから掃除するのか。

意識の違いだけかもしれませんが、スムースビップならばトラブルが起こらないように交換するのか。それともトラブルが起こったから交換するのか。

できるだけ事後ではなく、事前にやっておきたいものです。
 
 
 

 

 

 

-使い方・基本情報

Copyright© スムースビップの禁煙効果と口コミ。禁煙の補助にもなりえるSmooth B!P , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.